ブログ

意識改革と組織改革が企業発展のポイントー事業の成長になぜ意識改革が必要なのか?

意識改革と組織改革が企業発展のポイントー事業の成長になぜ意識改革が必要なのか?

コロナ禍にあって、売り上げの確保、継続的安定化をするために、日夜悩みながら奮闘されていることと思います。様々な施策や現場対応、さらには組織・スタッフのマネジメントをされている企業トップの心労は、計り知れないものがあります。

私どもアンリミテッドクリエーションのカウンセラーが、企業インストラクター(コーチング或いはハンズオン型支援)として、現場に入る時に何時も意識して見ることは、トップリーダーを中心にスタッフ一人一人が、事業目的を理解し、お客様に対して、事業目的を現場の知恵として昇華し提供しているのか?との一点を見るようにしています。そこにマネジメントの成否が隠されているからです。そのヒントとして実際にあった具体的な事例を紹介します。

地域から嫌われていたホテル

商圏人口は8万ほどの地域に建つ創業から30数年経つホテルの現場支援のために副支配人との立場で赴任しました。社員、パートさんを含め約40名弱のスタッフで運営しておりました。支援が始まって数か月が経ったある日、営業推進のミーティングで一人の役員から「赴任されて3ヶ月・・・そろそろ結果としての数字をあげてもらいたい」との言葉を投げかけられました。

主に営業と企画を担当するスタッフは8名ほどおりました。しかし、顧客への商談を実際に担当する営業と、宣伝広告を仕切る企画推進との折り合いが悪く、ちぐはぐな戦略を続けておりました。一人ひとりのメンバーは真面目に働いておりましたが、結果がついてこない。私も赴任してから、地域の評判を取材して回っておりました。ホテル回りの家々5,000軒から取材を兼ねて営業訪問。地域の評判は「こうやって話を聞きに来たのはあなたが初めてだ」「副支配人さんのところは、何十年も料理のメニューが変わらない。特別に美味しいわけでもない」「金額の割に食べるものがない」など、不平不満のオンパレードでした。要は、地域の方たちに支えられているのではなく地域から嫌われていたのです。

評判を表すように、「企画、営業、サービス・オペレーション」が一貫した商品になってはいなかったのです。その本質は、この三つを商品と捉えられないリーダーに一切の原因がある事に気付けていない現状がありました。その事を役員の方に告げると「それを改善する為に、貴方がいるのでしょう」と矛先を私たちに向ける始末でした。そもそも、いくつかのコンサル会社を導入しても結果が変わらず、困った末に弊社と契約したのでした。

ホテルバンケット.png

自分の姿は自分では見えないもの

我々アンリミテッドクリエーションの目的は、共々に自己成長し、自走出来るよう現場改革する事です。その役員との対話の中で勇気をもってお伝えしました。

「もし私がこの会社を全て仕切るのあれば、あなたはいないほうが良い。貴方は、役員であり中心的リーダーのはずです。本来、リーダーが正しいものの見方、考え方、捉え方を基とした判断をし、スタッフに対して感謝の思いを持ち、接しなかったならば、スタッフは勿論、お客様が感動や満足をするはずがない。私が、この地域の方から教えて頂いたのは、(トップが)お客様の事を解ろうともしないし、聞く耳もないという事です。売り上げの数字を数える前に、お客様の意見、感想を謙虚に聴きそのフィードバックを通して、商品を提供する事こそ大事で、結果としてお客様が支持してくださり、お店が支えられる・・・それが本当の営業活動ではないでしょうか?つまりあなたが求める〝数字〟の変化には、トップの意識改革が必要だということではないですか?」

誰しも自分の姿は自分では見えなくなり、その見えない姿が、結果という数字や評判のもととなっていることが多いものです。

こんなやりとりを繰り返す中で、徐々に会議の内容もリーダーが気付いた分だけ変化をしてまいりました。多少の時間経過はありましたが、組織の思想と意思の統一を含めリーダーが求める売り上げ規模を達成できる組織へと変革をして行きました。

自身を見つめる角度を失わない限り

努力しているのに結果が伴わない。これほど苦しいことはありません。カウンセリングで痛いところを指摘され、言われた通りに実践している。けれども、結果がよくならない。真剣に努力している人ほど、その苦悩は大きいのではないでしょうか。そうして、自己変革の努力をしていたはずが、いつの間にか、結果に心奪われ、自己変革への躍動が弱まってしまうことがあるように思います。

そもそも、何をさして結果というのか。売上や利益の拡大が結果なのでしょうか。実は、業績は結果ではありません。哲学の視点で見れば、業績は、自己変革した『報い』です。哲学を学ぶことで、自己変革し、その変革した自身に応じた報いを得ているのです。それなのに、自己変革の追求でなく、報いばかりを求めてしまうから、かえってプラスの報いを得られなくなってしまう。大切なことは、『報い』という事象・現象を見て、それが自身を映し出している鏡なのだと真摯しんしに受け止め、「まだまだこれからだ」と積極的、且つ、前向きに自身を見つめることです。

()えて言うならば、実践の角度に微妙な狂いはないか、あるいは、結果が出ない程度の実践ではないかと自身を見つめることが、より積極的な見つめ方です。確かに、それが成功哲学に照らした自身の見つめ方ですが、では、自己変革していなのかといえば、そんなことはありません。変革しています。正確に言えば、自身を見つめる角度を見失わない限り、変革しつづけています。

 

一時の『報い』で一喜一憂しない

『報い』の現れ方には様々な違いがあります。努力してすぐに現れるケースと、望んだ形とは違うが、トータルでよくなるケース。あるいは、現象となって現れるまでに時間がかかるケースもあります。

また、同じ努力をすれば同じような報いを得られるのかといえば、そうではありません。たとえば、同じ洗剤で同じ洗濯機を使っても、汚れの成分や汚れ具合によって、汚れの落ち具合は違います。同じように、同じ努力をしても、個人の能力や資質、企業の体質や経緯などによって、報いの現れ方は違います。

つまり、結果のよし悪しで、自身を卑下(ひげ)する必要もなく、他人と比較するのでもありません。

「結果の変革」とは、本質的には、自己変革です。意識の変革です。一年や二年では、わずかな変化かもしれません。しかし十年二十年という時間でみたならば、大きな変化となっています。

人の話しを聞けなかった社長が、スタッフの声なき声に耳を傾けるようになる。業績ばかりを気にしていた社長が、お客様やスタッフの喜びを心から追求するようになる。これはまさに劇的な変化です。要するに、売上の問題、労務の問題、育成の問題等々、一見同じような問題が何度も繰り返される、あるいは、いつまでも問題が解決しないように思うことがあります。しかし、自身を見つめ、哲学を放棄しない限り、水面下では着実に前進しています。

我々の追求する成功哲学の実践とは、いわば、らせん階段をあがっているような状態であることが少なくありません。同じところをぐるぐると回っているようで、あがっているように感じない。また、一生懸命に努力しているのに、まだここかと、苦しくなることも多いです。諸問題に対し、表面的対応で急場をしのぐことはできるかもしれません。しかし、問題の急所となる自分自身から逃れることはできません。

先のホテルも同様に、アンリミテッドのサクセスメカニズムを学びつづけ、自身と向き合いつづけています。前進しています。急所を手放さない限り、必ず『結果』は激変します。

■関連資料のご案内

組織改革を成功させる“4つ”のポイントとは?具体的な手法・プロセスも解説!

意識改革が成功するポイントー意識改革がうまくいかない理由と打開策

幹部育成の課題と人材育成の考え方~成果が出ていない人材への対応